TOPオール電化>なぜオール電化?

時代は今、なぜオール電化なの?

オール電化とは、要はこれまでガスを熱源としていた設備を電気の設備に替える事。例えば、ガスコンロはIHクッキングヒーターに、ガス給湯は電気温水器やエコキュートに。

考えるほどムツカシイ話ではないんです。

ガスだと何かと不安がつきもの。 特にお年寄りやお子さんがいるご家庭はそうですよね。でも、熱源をガスから電気にするオール電化ならそんな心配も少ないですね。

でも、時代は今、なぜ「オール電化」なの? それは・・・

●理由1●平成17年2月16日「京都議定書」発効

1997年12月に、京都市で開かれた気候変動枠組み条約第三回締結国際会議(COP3)で合意された国際協定「京都議定書」。温室効果ガス(CO2など)の排出削減義務を定められ、2012年までの削減目標はEUが8%、日本が6%。現在’90年比でプラス8%・・・つまり実質6+8=14%削減しなければなりません。

●理由2●モノを燃やす=「CO2」増加

国産車メーカーにおいても、低燃費「ハイブリッドカー」(ガソリン+電気)や、低燃費車を市場に出して久しく「環境に優しい」というフレーズも耳に馴染んでいます。燃やすモノといえば・・・家庭においては?

●理由3●国内の各電力会社が!電気メーカーが!

私たちが暮らす日本では、各電力会社が皆様のご家庭へ電力供給しています。万が一の「停電」の場合のライフライン復旧体制は、世界でもトップクラス!「安全」「安心」そして「安価なプラン」をご準備しています。その「安価なプラン」に対応する機器の開発も、国内家電メーカーが日進月歩で充実してまいりました。

●理由4●えっ!経済的にお得!?今までより安心!?

一生支払う光熱費・・・暮らしのエネルギーを「電気」に統一することで、今よりグ〜ンと経済的になる!お財布に優しい方法が「オール電化」です。ご家庭で「火」を使用しませんから、家事の心配もなく安心です。「オール電化」=「太陽光」、「高い」という間違った(?)ご認識のご家庭は少なくありません。「えっ!そうだったの!もっと早く知っていれば〜」というお声も、少なくはありません。お宅は今のままで、本当に大丈夫ですか?

●理由5●知れば、知るほど・・・・

「経済的にお得」「火を使わずに安心」「お手入れ簡単」「環境に優しい」「持ち家の傷みが少ない」「快適」「効率的」・・・あげたらキリがありませんが、皆さん「実感」されています。そして新日本エナジー独自の他社にない特典に「ご納得」頂いています。

だから「オール電化」なんです!


でも、「オール電化」にするって・・・・何??